スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月遊んだまとめ

2016.10.01.Sat.22:14
9月からは、あそぶぞ!を心に、遊びました。
まず、3日、ブルーノート東京で、ジェイコブ・コリアー。めっちゃ楽しくて、CD買って、サインもらった。しかも、たまたま同席した北海道の20代に青年と神戸から来た素敵な女性と話が盛り上がり、友達になった。

10日赤坂ACTシアターで、劇団☆新感線。宮藤官九郎脚本生田斗真主演、小池栄子最高!

14日、友人のMさんとひーさまと飲み会。蕎麦屋で飲んで、立ち飲み屋に流れる。私だけ、ご馳走になってしまった。あらあら。ありがとうございます。

19日 映画 ジャニス あまりに切なくて、そして、歌が素晴らしくて泣いた。

22日 シアターオーブで、マシュー・ボーンの眠れる森の美女 B席の、いっちゃん後ろの席だったけど、双眼鏡も忘れたけど、大満喫。素敵すぎ❤️

24日 マンションの4人で初めての女子会。20年すぎてこんな機会持ててうれしかったー!

遊びじゃないけど、インタビューで、栗コーダーカルテットさん、そして、松居慶子さんに会う。
楽しかった。l

民族楽器特集が異常に大変でしたが、オーソリティに頼めて解決。やった!。



夫は、またまた問題抱えてしまってるけど。なんとかなるさ、きっと。

もう、なるようにしかならんもん。

長かったなあ、入院

2016.08.30.Tue.23:55
結局夫は、7月19日に入院。
見立てでは、肺はきれいで、誤嚥性肺炎でもなかったらしいのだが、とにかくぐったりしていて入院。
若い先生が主治医となり、尿路感染も疑われ、ま、原因よくわからないまま、抗生剤治療へ。
一週間してよくなり、退院が見えた2週間前、誤嚥性肺炎。全く・・・。
その後、まあ、改めての抗生剤治療で、結局退院許可が出てから、施設の担当者のお休みなどで伸びて、8月15日にやっとこさ、退院した。

病院は近いとはいえ、朝と晩と1日2回の見舞いも続くと、こちらもバテバテ。
しんどかったわ。

戻った日は、よほど疲れが出たのか、大学時代の友人二人が来てくれたのに、爆睡。結局、食事もとらずにただ寝てました。
夕方、その二人と雑色の焼き豚屋さんで少し飲んだ後、大田区の花火へ。
日芸仲間は、腰が軽くていいね! 一緒に飲んだのは、結婚式の二次会以来でしたが、楽しかった。

夫は、その後、ポンポンと体調がよくなり、2週間。しゃっきりとしてきて安心です。

明日は、嚥下のビデオ観察。食事、嚥下の重大さが身にしみたので、しっかりチェックしながら進めてもらいたいと思っています。

結局夏休みは、映画を1日だけ見て、それだけだったな。介護の日々。辛くはないけど、遊びが足りない。

9月は、遊びます!遊ぶよー!

発熱

2016.07.19.Tue.06:36
季節の変わり目のせい、にしたいが、夫、発熱。
誤嚥性肺炎の可能性が高いのだが、ここのところ割と調子が良かったのにな。
8日に熱が出たものの、お薬ですぐに収まり、安心したのもつかの間、16日には眠くて、調子がイマイチ。
17日朝から7度台、昼過ぎから39度越えということで、電話が入り、横浜のスパの入り口で、友人にごめんなさいして、駅に送ってもらい、施設へ。
それでも、一昨日は、抗生剤の点滴で熱は夕方までに7度8分まで下がったので、ホッとした。

が、昨日は朝からまた39度台へ。知らずに3時過ぎに行くと、しんどそう。
血圧もすごく高い。
8時まで見守るも、熱は下がっていない。ただ、酸素のほうは、93~95ある。

さあ、朝だ。

熱が下がっているといいのだけれど。
朝イチで施設の先生が診てくれて、場合によっては、病院に診察してもらいにいく。
行けば、当然、入院だと思うけれど。

仕事の打ち合わせを1本時間をずらしてもらわなくては。
電話を待とう。

案ずるより

2016.06.16.Thu.21:13
よかった。夫、熱も下がり、まだ本調子ではないけれど、食事も普通に食べてほっと。
金曜日の夜から土曜の朝、10時までゆっくり寝ていたそうで、昼前に行って、お昼の食事は私が見ながら、介助しつつ。
食事後、すぐに眠くなり、1時過ぎには、布団に入って寝付く。熱もほぼ平熱。
2時過ぎに、施設を出る。フラワーアレンジメントのあと、シアターコクーンで、「8月の家族たち」。
3時間15分、休憩2回入る長丁場も観ていればあっという間。
観にいけてよかった。


満月

2016.05.21.Sat.01:24
満月だからかなあ?

だいたい月一回、発熱する悪い癖が、2ヶ月収まっていた夫ですが、ちょうど、昨夜、録画していたプロフェッショナルの看護師さんの様子を見て、誤嚥と食事について、考えさせられたその矢先、本日の午後急に発熱。39度6分と電話。肺炎怖いよー。

だいたい、睡眠障害で、昼夜逆転、昨晩も夜中の12時すぎに起きたら、朝まで寝なかったそうで、お騒がせしています。
施設に入って、おかげさまで、ずいぶん体力がついて動けるようになったんです。前は寝返り打てなくて、ほんと、大人しかった。左半身がだいぶ自由がきくようになって、夜に張り切って動くものだから、個室に移り、ベッドが危険で、畳に布団。畳を匍匐前進で乗り越え、個室内のトイレでかくれんぼしていたりしたことも。怪我を憂慮して、畳をどかし、新たにコルクシートを購入していただき、その上にブルーシートやビニール、それもやっぱり体を擦り、結局、コルクシートを裏表ひっくり返して、滑り止めを上にして、なんとか、これでいこうとなったのですが、最近は、朝方起きてしまうと暇なもんだから、しかも、妙に几帳面なもんだから、コルクシートを1枚1枚はがしてきれいに重ねて片付けるという技を編み出す夫。
睡眠薬や安定剤もあんまり効かないみたいで、処方が増えるのが心配でしたが、どうこう言っている場合ではないようにも思います。
昼間も車椅子でふらっと動きだすので、鈴をつけるようになって、要注意人物(笑)。本当に、お騒がせしてばかりです。

私もできる限り面会に通っていますが、けっこう気に病んで、看護師さんにも、私たちがみているのだから、たまには買い物でも行って気分転換しては、と諭される始末。実のところ、気分転換はけっこうしているんだけどなあ。

なんか、それで吹っ切れましたよ。

正直言って、とっても自宅で介護は、この状態では無理だなあ。話ができないから、コミュニケーションが成立しないのも、一因だと思うのですが、やはり、高次脳機能障害で、思いついたら即行動、動きたいけれど、自由には動けないから、自分ができる動きをやみくもにしてしまう、のだと思われます。状態も日々変化するので、先は見えない。

今日は、さすがに、ひさびさの高熱で、すわ、肺炎→入院、とよぎったものの、抗生物質の点滴で、会社をちょびっと早引けして6時40分ごろ着くころには、熱も7度8分と収まっていてほっとする。面会時間の9時までいて、あとはお願いして帰宅。
入院すると2週間くらい退院できないだろうし、今のようにベッドの上で動かれては、病院だとベルトして、ミトンして、みたいになるし、それはそれで、大変なのは想像に難くないし。

お願いです。神様仏様、熱がぶり返しませんように。

それにしてもどうして、夜に寝ないのかなあ?
私、満月がいけない説をついつい考えてしまうのだが。奴は、狼の血が実は流れているのでは? でもって、張り切って体力使って、ダウンするという図式。。。。。。

まあ、でも、なんだか、笑い話のようでもあるなあ、ここまでくると。本人はケロッとしているし、悪気はないし、食べるのはしっかり食べるし。好き嫌い皆無だし。周りの要介護のおばあちゃんやおじいちゃんには、「大変ねえ」って同情され励まされて、仲良しになってるし。
しっかり考えて介護にあたってもらっているのは確実で、ほかの施設だったらどうなっているのかなあって思うし。リハビリの担当の療法士さんも一生懸命やってくれているし。

さあ、明日は早くに行かなくちゃ。寝よ。

明日、フラワーアレンジメントの日なんだからね、しかも、夜はお芝居のチケット取っているんだからね、熱ぶり返さないでよ、お願いだから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。