スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調

2015.08.01.Sat.23:15
今日は、午前中から病院へ。
リハビリのスケジュールの具合で、ここのところ、理学療法のリハ、つまり、歩くリハの見学ができなくていて、先生からだいぶ歩いているとは聞いていたものの、実際この目で見ていなかったので、今日はラッキーでした。
担当の先生はお休みで、代わりの小柄の女性の先生だったけど、もう一人、男性もついて、はるか向こうにいました!
割と広いリハビリルームの奥のほうで。
右足に装具をつけて、杖をついて、歩いてましたよ。
女性の先生は、大変そうでしたが、それでも、体を後ろから支えるというより、サポートする感じ。
先生、ありがとう。
右足も少しでしたが自分で出していました。
嬉しかった。頑張ってるねえ。
お昼の食事も、自分でだいぶ器用に食べていて、完食。

座った姿勢が随分良くなりました。
あと、ひと月、少しでも良くなってほしい。

で、7月から主治医の先生が代わって、食堂でレクリエーションが3時から毎日あるんだけど、まさか、夫が参加するとは!

今日はフラワーアレンジメントがあるので、食堂でおやつの差し入れを食べたあと、私は帰るからベッドに行く?と聞いたら、いやがるの。ここにいる、って。
で、レクやっている横のほうにいたんだけど、看護師さんに、帰らなくはいけないけど、まだここにいたいみたいで、と相談したら、じゃあ、レクの輪に入っちゃいましょうか?って。今日は歌を歌う日。もちろん、夫は歌えませんが、聴くのは好きなのかしら。本人もOK。

いやー、びっくり!

絶対そういうのはダメなタイプの人だったのに

言語の先生が、今の病院を退院して、リハが続けられないことを辛く感じていた私に、例えば、環境が変わって、落ち込んだりしても、それを乗り越えて戻れれば、それが十分リハビリの成果で、集団でのリハビリに参加できれば、それも、リハビリに成果とかんがえていいんですよ、と言ってくれたことを思い出した。

なんか、すごく嬉しかった。

前向きな姿勢が出れば、リハビリは進む。

今日は、嬉しいご報告です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。