スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は、次の施設探し

2015.07.24.Fri.23:41
そうこう言っているうちに、夫の状態はここ1ヶ月でかなり良くなりました。
具体的に言えば、口を大きく開けられるようになった!
そのおかげで、口腔ケアもしやすくなっています。
舌も下の歯先くらいまでは、出せるようになりました。

おかゆからご飯になったし、食べるスピードが速くなって、
かなり一人で食べられるようになりました。
眠くなければ、私の話も聞いてくれて、うなずいてくれます。
車椅子を左足でゆっくりですが、こげるようになってきました。
笑いも出て、表情が良くなってきています。

ゆっくりですが、リハビリの効果はうれしいです。

しかし、国の決めた制度で、
回復期リハビリテーション病院でのリハビリは、
夫のように高次脳機能障害でも6ヶ月で打ち切りです。
つまり、退院しなければなりません。

これまでのようなリハビリは、
打ちきりです。悔しくて、また泣けてきます。

でも、どうしようもない。国の制度だから。
では、退院後どうすべばいいか、どうしなければいけないか。

まず、障害者手帳1級を受け取ったお役所で、
障害者向けの入所施設を聞きましたが、結局、自立した人でないと無理でした。
自宅から障害者向けの訓練施設に通うのは、
デイサービスでもないので、毎日、1日いられるわけでもなく、
通いなので無理で、だいたい、自宅で私一人が介護することに関しては、
フルタイムで働く以上、お役所でも担当医も無理だと告げました。

だとしたら、どういう手があるかというと

・特別養護老人ホーム → リハビリはしません。きっぱり!
・有料老人ホーム → リハビリに取り組みところはまれにあるようですが、高くて無理。
・介護老人福祉施設 → いわゆる老健。わずかではありますが、リハビリあり。今と比べると
            現在1日180分×週6日=1080分 
            → 週2回(最初の3ヶ月だけ週3〜4回)1回20分=60~80分
            計算すると、あらまあ! 1/18あるいは、1/14。3ヶ月すぎると1/27。

で、結局、特養に申し込みつつ、老健に行く。という選択肢を選ばざるを得ません。
しかも、言語聴覚士のリハビリのある老健はとっても少ない。

ま、そうは言っても、探さないとどうにもなりません。
現在の病院もようやく受け入れてくれた病院で、家や職場から1時間かかりますが、
そこのソーシャルワーカーが探してくれた老健は、さらに30分くらい遠い。

現在、忙しくなければ、土日休日はもちろんすべて。
ウィークデイでも行けるだけ仕事が終わってから行っています。
今は気にならないけれど、1時間半かけてウィークデイの終業後に通う元気が湧いてきません。
できれば、見舞いにできるだけ通って、
足りなくなったリハビリの補填を私がするつもりです。
療法士の先生方もこれからの時間で教えてくれると請け合ってくれました。
だから、行けるところにしなければ。

で、家や職場の近所の老健を片っぱしから申し込んで行くつもりです。
海の日にネットで調べて見学に行った老健のソーシャルワーカーさんが親切で、
他の施設の連絡先もガーッと教えてくれたので、自分で電話して、足を運んで。
結局、私が動くしかないんです。
今はそれだけに向かって頑張ります!

いい情報があったら、教えてください!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。