スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を今年は観よう

2014.01.13.Mon.22:01
ということで、
1月5日 109シネマズ川崎 IMAX 3Dで「ゼロ・グラビティ」。素晴らしい映像美に、サンドラ・ブロック!
3DメガネはメガネONなので、今までどうしても途中でいになっていたけれど、今回は、なんだかすーっと入り込めて、違和感が感じられない域まで行っていたような気がします。宇宙怖いわ。
途中、一気に「生」へのあきらめない欲求が出てからのサンドラが好き。これぞ、サンドラ!筋肉からして演じている。
観に行ってよかった。
メイキングを持て、納得ゼロ・グラビティ メイキング

1月12日 渋谷シアターイメージフォーラム『始まりも終わりもない』。田中 泯の身体表現の世界。ひたすら自分の身体を精神の表現として徹底的に真剣に、存在させる。すごいなあ。だから、周りの演者や風景やストーリーが時に世界観が違う気がする。その中で、音楽は、常にシンクロしているように思う。大島ミチルさんは、田中さんの身体だけに寄り添って音楽を書いているようにも思う。欲目かなあ。
同上 ミカ・カウリスマキ監督の『旅人は夢を奏でる』。私間違えてました。アキ・カウリスマキ監督と。お兄さんなんですねえ。見終わって、ずいぶん雰囲気が違うなあと思ったんですが、そりゃあそうだ。だけど、面白く観ました。その前に見た映画が人生の重い荷物をあえて引き受けて、生き抜く映画なら、こちらは、「大丈夫」と言ってくれる、包容力が素敵。結局、人生には重いものがあるけれどね。

1月13日 TOHOシネマズ川崎『鑑定士と顔のない依頼人』。これは、これまで私が観たトルナトーレ監督の映画に流れていたものと違うじゃん! ミステリーだもの。私みたいに素直にへえへえ、そうなの的に観ている人種には、・・・・・。絵がたくさん出てくるので、それも、へえへえなのですが。
人は結局、なんのために生きているのでしょう?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。